なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ニョロトノ

ニョロトノ

種族値

90  75  75  90  100  70

夢特性、あめふらしによって一気に注目を受けた。

最近雨パを多く見るようになり、気になったので考察しようと思います。

1.ニョロトノ@水のジュエル HCベース

ハイドロポンプ 冷凍B ほろびのうた どくどくorなみのり

水ジュエルを持たせることによって高火力のタイプ一致技を打てる。

こだわり系に比べ、器用に立ち回れるのが大きい。

どくどくはブルンゲルなどを仮想敵としている。

雨パ入門者はこの型からまず使ってみるといい。


2.ニョロトノ@たべのこし HBベース

ねっとう どくどく ほろびのうた まもる

いわゆる毒まも型。

素の耐久が結構あるうえ、ねっとうで火傷させればかなり有利に立ち回れる。

交代で出てきたポケモンに対して火傷がはいったらかなりアド。

特に雨パに対して選出されやすいユキノオーやナットレイに対して火傷が入れば雨が動きやすくなる。


3.ニョロトノ@だっしゅつボタン HSベース

ローテなどでまあまあ見る。

とにかく天候合戦を意識した形。

こちらが殴れずにだっしゅつボタンが発動するのがイヤなのでSに振りたい。


4.ニョロトノ@こだわりスカーフ CSベース

ハイドロポンプ なみのり 冷凍B ほろびのうた

技はほぼこれで確定。

問題は性格

おくびょうと控えめで考えてみる。

おくびょうの場合

メリット:スカーフバンギに先制で殴れる。
     130族を抜ける。

デメリット:スカーフバンギに天候をとられる。
      水技の火力不足(例.C182ラティオスの流星群耐えボルトロスを落とせない)

控えめの場合

メリット:雨下でのタイプ一致水技での高火力攻撃
     初手でのスカーフバンギと天候合戦に勝てる
     
デメリット:他のスカーフ持ちに上から殴られる

他にもあると思いますが、特に目立った違いは以上の点でしょうか。

たまにスカーフは使いにくいという意見もありますが、個人的にはスカーフが一番使いやすいと思っています。

まず一番の理由としては、砂ドリュを考えたときです。

砂の状態ドリュすなかき発動

トノ出す 天候雨  相手ドリュ剣舞orみがわりor攻撃(トノが耐えたとする)

スカーフトノが上から殴る  

このように天候書き換えし、ドリュを上から殴れるという点において優秀だと考えています。

ドリュがいるということは相手にはおそらくバンギラスかカバルドンはいるでしょうから水技がバツグンで入る。

しかし相手も雨対策はしてるでしょうし、ラティなどを出されると思いますが、そこからまたサイクル回せばいいのでそこは割愛。

スカーフではないガブリアスに対しても先制で水技なり冷凍Bなりを打てるのはとても優秀だと思います。

これだけ書いたので、次の零度杯決勝トーナメント初戦は雨パを使うに決ってる!!!!←情報操作

スポンサーサイト
2011.07.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/83-507d6812
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。