なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
おはようございます、ティオです。



本日はガブリアスについて考えたいと思います。



まずガブリアスの種族値を他のドラゴンと比較してみました。


        H    A   B    C   D    S
ガブリアス 108 130 95 80 85 102
カイリュー 91 134 95 100 100 80
ボーマンダ 95 135 80 110 80 100
オノノクス 76 147 90 60 70 97
サザンドラ   92 105 90 125 90 98



まず一番の注目点としてはSでしょう。



他のドラゴンを抜き去ってからの先制攻撃がとても魅力的。



さらに耐久もあるので抜群でなければ結構耐えます。



しかしながら氷4倍は痛いところですね。



また、ガブリアスのドラゴン・地面ということで攻撃範囲もとても広いことが挙げられます。



電磁波や10万ボルトを無効かできるのも大きな利点と言えるでしょう。



では、現在どんな型のガブリアスがいるのでしょうか。



これから考察ガブリアスは6Vで考えていきます。(一部を除き)



1.184(183)ガブ

多くの方が使っているであろう184(183)ガブ。



これは努力値をHに4を振るとHが184



DもしくはBに4フルとHが183となるため



184ガブ、もしくは183ガブといいます。



この型のガブは大体がAS252振りかと思われます。



技構成としては



げきりん・ストーンエッジ・じしん・剣舞or炎の牙orだいもんじorつばめがえし



だと思います。



持ち物としては



スカーフ・鉢巻・襷・ヤチェ



剣舞持ちガブなら襷が多いかと思われます。



2.201ガブ



一時期とても流行ったガブ。



性格は陽気



ステータスの実数値は

HP  201
攻撃  164
防御  116
特攻   ×
特防  106
素早さ 169



努力値はとしては

HP  140
攻撃  108
防御   6
特攻   0
特防   4
素早さ 252



となります。



仮想としては



ヘラクロスのインファイト耐え



ライコウのめざ氷耐え



いじっぱりローブシンの気合パンチ耐え



H252サザンドラを逆鱗で確定1



おおざっぱに挙げるとこんな感じです。



相手にしたくないですね。w



持ち物はスカーフが安定かと思われます。



スカーフなら後出しからでも狩れるポケモンが多いので。




3.205ガブ(いわゆる粉ガブ)



努力値を



HP   172
攻撃    86
素早さ  252




もしくは攻撃の努力値を耐久に振った型のガブリアスのこと。



技構成としては



ダブルチョップ・じしん・みがわり・剣舞



持ち物はほとんどの場合、光の粉。



なぜ205なのか。



これはもちろん身代わりを考えてHPを4n+1調整をしてあるのだが、



みがわりをするとみがわり分のHPが51となる。



バトルはほとんどが50フラットなので、



ナイトヘッドやちきゅう投げの威力は50となる。



すると、もし攻撃があたってしまってもみがわりは壊れずに1残るというわけである。



この型のガブリアスは攻撃力は少し心もとないため、剣舞がほぼ必須と考えられる。



そうすると、みがわりのある間に1回でも剣舞をしたいのでナイトヘッド、ちきゅう投げにおいて確定耐え調整した結果205ガブが生まれた。



この205ガブは2010年ニコニコ生放送生主杯において優勝者が使っていたガブリアスとしても有名である。



ほどんどがバンギと組ませ、電磁波砂パとして出てくる。(以下電磁波砂パをDSPとする)



なので相手は思考停止でバンギ・ガブを選出してくる可能性が高い。



よって対策はそう難しくはないが、対策していない場合は勝つのは苦戦を強いられるでしょう。



対策としては他の機会にでも書くつもりです。




4.209ガブ



努力値としては



HP   204
攻撃    54
素早さ  252



と振ったガブである。



持ち物は光の粉または残飯。大体が残飯かな。



なぜ残飯なのだろう。



みがわりは自分のHP1/4を削って分身を作る技であるのはご存知のこと。



残飯は毎ターンHPの1/16を回復するアイテムということもご存知でしょう。



つまり4回みがわりをすると、残飯で1/16を4回回復



1/16*4=4/16=1/4となり4ターン目には1/4回復していることになる。



すると合計5回みがわりを張れることになる。



粉ガブで4回みがわりして攻撃をかわす期待値と



残飯で回復しつつ5回みがわりしたときに攻撃をかわす期待値としては



後者の残飯回復型のほうが相手の攻撃をかわす期待値が高いのである。



ではなぜ205ガブで残飯をしないのか。



これは推測だが、209のほうが確定で耐える技が多いからなのではないかと考えています。



もしなにか意見がある方はコメントしてくださると助かります。



以上の観点から209ガブが残飯を持ち、かつ安全に剣舞を積めるのだと思います。



この4体が現環境に生息しているガブリアスかと思います。



しかしながら、ボクのガブリアスは一味違います。



ではここで、ボクのガブリアス(NN:アルプス)を紹介しましょう。



個体値

26?31?31?×?31?31



努力値

攻撃   252
特防    4
素早さ  252



あえてHPの個体値を26にすることで



HPの実数値が181となり、勝手に4n+1調整をしてくれます。



この分攻撃に努力値を配分することで、



万が一剣舞を積めなくても本来のガブの最高火力を出すことができます。



持ち物は光の粉



技構成は普通の粉ガブと同様です。




以上でガブリアスの考察を終わりたいと思います。



ここまでお読みいただきありがとうございました。



なにかお気づきの点がございましたら、気軽にコメントしてくだされば幸いです。



ティオでした。



ニコニコ生放送コミュ
ポカリのあとに生!
スポンサーサイト
2010.12.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/23-0aa64a72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。