なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回の記事はローテーションバトル(以下ローテ)の構築記事です
天候に依存しないスタンダード構築(通称スタン構築)の第5世代最後の構築となります
構築メンバーはこちら
ラティオスハッサムテラキオン
スイクン霊獣ボルトモロバレル

詳細は続きからどうぞ
ポケモン名特性持ち物技1技2技3技4
ラティオス浮遊拘り眼鏡流星群龍の波動なみのりトリック
ハッサムテクニシャン鋼のジュエルむしくいバレットパンチアクロバット剣の舞
テラキオン正義の心気合いの襷インファイトストーンエッジ電光石火ねごと
スイクンプレッシャーオボンの実熱湯凍える風追い風日本晴れ
霊獣ボルトロス蓄電電気のジュエル10万ボルトかみなりめざめるパワー飛みがわり
モロバレル胞子ラムの実ギガドレインキノコの胞子めざめるパワー炎日本晴れ


最近は専らシングルバトルばかりに集中しており、ラティオス+ハッサム(通称ラティハッサム)構築がとてもお気に入りです
そこで、ローテで使う最後のスタン構築はラティハッサム軸にしようと考えていました
ローテではこのラティハッサムに加え、テラキオンを採用することで相性と攻撃範囲を補完した超攻撃的構築が有名です
このラティハッサムテラキを主軸とし、今回の構築に着手しました
当初はトゲキッスを採用し、上からの圧力で流れをとっていく構築を使っていましたが、結局のところトゲキッスは怯ませなければつらく、自分の立ち回りには合いませんでした
そこで、格闘タイプをけん制でき、地面の一貫性を消すことができ、かつ飛行タイプを半減できるポケモンということで、霊獣ボルトロスの採用にいたりました
ラティオス、ハッサム、テラキオン、霊獣ボルトまで決まり、対雨と素早さギミックのためスイクンを採用しました
対雨、素早さギミックということで、技は「にほんばれ おいかぜ 凍える風」が候補にあがります
技構成は対戦をこなしてから吟味することとしました
ここまででラティオス、ハッサム、テラキオン、スイクン、霊獣ボルトロスが決まり残り一枠
この5匹で対処しづらいのは雨構築(特にキノガッサ入り)、トリックルーム構築です
そこであのポケモンの出番です
モロバレル
対雨構築性能、対トリックルーム構築性能を持ち、さらにラムの実を持たせればガッサ相手でも前に出していける
素晴らしいほど補完をしてくれるポケモンでした


個体解説
・ラティオス
155-110-100-200(252)-131(4)-162(252) 臆病
特殊エース
今回の軸であるポケモン
なみのりは一貫性を確保できる技であり、ハッサムとモロバレルが誘いやすいヒードランへの有効打でもあります
トリックとサイコキネシスはお好みで選択可
ドラゴンの一貫している並びにはかまわず流星群をぶちこんできます

・ハッサム
171(204)-198(236)-121(4)-*-101(4)-93(60) 意地っ張り
剣舞ジュエルバレットパンチで耐久無振りガブリアス高乱数一発
素早さは追い風下115族抜き抜き
珠ハッサムは自身で寿命を短くしてしまう点が気に入らなかったため、鋼のジュエルを採用しています
珠とちがい、一発のバレットパンチを強化するため使いにくいと思われるかもしれませんが、その一発で相手の場を崩すことができます
ですので、最後の掃除役である珠ハッサムとは役割が異なります


・テラキオン
167(4)-181(252)-110-*-110-176(252) 陽気
ヒードランや飛行タイプを殴るための駒
素早い格闘ポケモンがこの枠にはいります
ラティハッサムテラキを並べた場合、相手の襷ガッサが胞子をしてくることが多々あったため寝言を採用しました
当初はねごとではなく挑発をいれてましたが、テラキオンの挑発という技がピンポイントであてなければテラキオン自身の襷を失い、腐ってしまうことがあったため変更しました
テラキオンを使えばわかりますが、剣舞をするよゆうはありません
ねごとのスペースは自由枠ということで選択可能

・スイクン
207(252)-*-160(84)-111(4)-149(108)-113(60) 図太い
追い風要因であり、対雨へのカード
特殊耐久はC182ラティオスの眼鏡りゅうのはどう確定2耐え
素早さは凍える風1回入った後の102族(ガブリアス)まで抜き
晴れと追い風により天候と素早さをとっていきます
凍える風は他のアタッカーポケモンを動きやすくするために採用
数値が高く、非情に腐りにくいポケモンでした
アタッカースイクンの採用も考えましたが、凍える風の採用にあたり耐久スイクンのほうが適していると考えたのでこの型になりました

・霊獣ボルトロス
155(8)-*-90-215(248)-100-153(252) 控えめ
臆病個体との大きな違いはカイリキーやローブシンへの乱数です
また、今回の構築は追い風をしようするため、より火力のでるひかえめを採用しました
みがわりはキノガッサの催眠技をすかすことがメインですが、霊獣ボルトロスのように特定のタイプの攻撃を無効化できる(この場合は地面、電気)ポケモンのみがわりはとても強いと対戦を通じて実感しました
持ち物としてはオボンやラムを持たせたいところですが、どれも余っていないため電気のジュエルにしました

・モロバレル
205(124)-*-116(204)-105-135(180)-32 なまいき(めざ炎個体のため、S個体値は2)
調整はとーますさんの調整をいただきました
とーますさんのモロバレルの調整例記事はこちら
構築したときの環境は雨構築が多く、そのためナットレイやトリックルーム構築が多い印象を受けました
このことからも、日本晴れとめざめるパワー炎を搭載したモロバレルを採用し、さらにガッサにも強気にだしていけるラムの実を持たせました
テラキオンの襷を鉄のとげでつぶし、ジャイロボールで落としにかかってくるナットレイをめざ炎で焼き払うのが非常に快感でした

こちらの構築が第5世代における最後のスタンダード構築です
更新が遅くなってしまいましたが、それだけ自信のある構築を組めました
構築を組む際、相談にのってくださった方々はありがとうございました
スポンサーサイト
2013.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/181-e92a1ef8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。