なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回はローテーションバトル (以下ローテ)のパーティ記事です
こちらは@cimgrosesさん 主催の週末ローテ大会で使用したバンギガブ構築です
今春開催予定だった京都ローテオフで使用しようと考えてた構築のひとつであり、TGAオフ(東京大学ゲーム研究会様主催のローテ対戦オフ)に参加できた場合に使おうと思っていた構築です
週末大会は結果はベスト4という結果でしたが、構築の強さは目を見張るものがあったので公開します
特に意識した点は次の2点
1.コンセプトは避ける構築に負けない避ける構築
2.展開に強い展開

構築メンバーはこちら
バンギラスガブリアスボルトロス
ナットレイクレセリア通常色ローブシン

詳細は以下より
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
バンギラス砂起こし気合の襷かみくだくストーンエッジ炎のパンチ電磁波
ガブリアス砂隠れ食べ残しダブルチョップみがわり爪とぎ影分身
ボルトロス悪戯心オボンの実10万ボルトみがわり電磁波いばる
ナットレイ鉄のトゲヨプの実タネマシンガン宿木の種砂起こし電磁波
クレセリア浮遊ラムの実サイコキネシス凍える風トリックルーム電磁波
ローブシン鉄の拳命の珠アームハンマーマッハパンチ冷凍パンチ雷パンチ
 
・バンギラス
175-204(252)-131(4)-*-152(252)-59 勇敢
砂起こし、電磁波要因
対雨にも先発で投げられるように最遅
ラティオスやヒードランへの牽制
トリル下での火力も重視しつつ、雨やラティオスにも前に出していけるように配分を考えてAD
格闘技を食らったらワンキルされるので物理耐久は襷でカバー
ナットレイへの回答が薄いため炎のパンチを採用

・ガブリアス
209(204)-151(4)-121(44)-*-106(4)-169(252) 陽気
相手の避け、積みに対して分身で回避率をあげ、さらに命中をあげていくことができる
クレセリアの凍える風とも相性よく、上から殴ってくるラティオスやテラキオンに対して有利に動けることもありました
砂下で分身を積めばとまりにくいですが、キノガッサやナットレイ、マンムーのような連続技持ちには注意したいところ
ローテではシングルに比べマンムーの採用が少ないため、ガブリアスが動きやすい場面が多々ありました
ツイッターにてダブルチョップはドラゴンダイブでもいいのではないか、という意見がありました
もちろんドラゴンダイブでも構わないと思いますが、ボルトロスの身代りを割りつつ飛ばしたかったというのもあるので、いまのところはダブルチョップを採用しています
しかし、ドラゴンダイブの怯み追加効果は非常に魅力的ですね
そもそもドラゴンダイブなんて技の存在を知りませんでした

・ボルトロス
186(252)-*-94(28)-145-141(228)-131 穏やか
ガブリアスの起点を作るポケモン
どのルールにも入ってくるポケモンとして、一番信頼を置いているポケモンです
いばるとめざめるパワーは好みですが、めざ氷個体がいなかったのでいばる個体を採用しています
ラティドランサンダーのような特殊選出には容赦なくいばりますよ
連続技持ちがいなければガブリアスより早いポケモンに電磁波が入った時点でかなりこちらが有利になります

・ナットレイ
181(252)-124(76)-160(68)-*-165(108)-22 生意気
電磁波を撒ける、砂起こしができる、ラティオスを受けられる、雨に出していける
これらを満たすポケモンがナットレイでした
今回採用した分身ガブリアスと宿木の種の相性も良好です
タネマシンガンを採用することで、ココドラへの打点も確保できます

・クレセリア
223(220)-*-155(4)-115(156)-155(36)-117(92) 図太い
ガブリアスの補助、またトリル展開の際にキーとなるポケモン
トリル展開をする際に一番やっかいなのは相手のキノガッサに眠らされてしまうことなので、持ち物はラムの実を採用
ねむカゴ型にしたかったのですが、技スペースと優先順位を考えた結果ラムの実を持たせることになりました
ラムの実を持たせることでカイリキーにも突っ張ることができ、非常に優秀なアイテムであり、この選択は正解だったと考えています
電磁波を光りの壁に代えて雨耐性を持たせることもいいと思います
このあたりは好みですね

・ローブシン
209(228)-211(252)-119(28)-*-85-65 意地っ張り
最近注目している珠ローブシン
鉄の拳が解禁されたことで火力が格段に上昇しました
H153-B120ハッサムまで珠アムハンで確定1発
雷パンチも採用しているのでブルンゲルでも受けにくいです
主に相手にキノガッサやナットレイがいたときはトリル展開をすることもあり、その際のエースとして十分な活躍をしてくれました

改善点
・非常にナットレイの処理がきびしい
(東大生はメタグロスが好きという印象だったのでナットレイはあまり考えない方向でいきました)
・ガブリアスの攻撃技が竜技のみなので、鋼タイプの処理がめんどう
・電磁波展開をするか、トリックルーム展開をするかの見極めが難しい場面あり
・マンムーは消えろ

参考文献
これで勝つみるっ! 様
http://d.hatena.ne.jp/koredekatsumiru1/20110812/1313170933
スポンサーサイト
2013.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/176-dfac3b0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。