なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回の記事はシングル構築記事です
新鮮味はありませんが、対戦オフで使用したいと考えていた構築です
3/10のえくれーるさんが主催されたチーム戦に出場し、チーム優勝、個人成績4勝1敗だった構築です
関東にいる間に対戦オフに参加できそうにないので投下します

パーティメンバーはこちら
ボルトロスカイリューラティオス
ハッサムスイクンローブシン

詳細は以下より
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ボルトロス悪戯心電気ジュエル10万ボルトめざめるパワー氷電磁波挑発
カイリューマルチスケイルドラゴンジュエル逆鱗炎のパンチ神速竜の舞
ラティオス浮遊拘り眼鏡流星群竜の波動波乗りトリック
ハッサムテクニシャン拘り鉢巻バレットパンチとんぼがえり馬鹿力ツバメ返し
スイクンプレッシャーカゴの実ハイドロポンプ冷凍ビーム瞑想眠る
ローブシン鉄の拳ラムの実ドレインパンチマッハパンチ冷凍パンチビルドアップ
 
・ボルトロス
155(4)-135-90-177(252)-100-179(252) 臆病
電気ジュエルを持たせることでH207-D136スイクンまで10万ボルトで確定1発
H155-D100ボルトロスもジュエル10万ボルトで中乱数1発
対面性能を増すための電気ジュエル
挑発はレパルダスや氷のキバを持っていないカバルドンを意識しての採用
ライコウ始動壁パも辛いので壁をはらせないためにも欠かせません
相手が襷ボルトロスの場合、死に際に電磁波を入れてくることも多々あるので重宝する場面が多かったです
電磁波からローブシンやカイリューの起点にしても十分強いです
このポケモンは採用しない理由がないくらい好きです

・カイリュー
167(4)-204(252)-115-120-120-132(252) 意地っ張り
意地っ張りとしているのは対面でキノガッサを見れるポケモンが多いため、火力重視のA204カイリューを採用し、1匹での抜き性能を高めています
意地っ張りと陽気では大きな差があり、特に火力重視零度スイクン(のんき)に対する乱数はかなり異なります
零度スイクンへの竜舞1積みジュエルげきりんのダメージ
A186 ダメージ: 192~226
A204 ダメージ: 210~247
このことからも、A204カイリューの受けにくさを理解いただけるでしょう
竜2枚+鋼ポケモンのラティハッサムカイリューの選出は非常に強力です

・ラティオス
155-110-101(4)-182(252)-130-162(252) 臆病
テンプレのCS眼鏡ラティオスです
最近は壁ラティオスや珠、ジュエルラティオスを使用していたのですが、やはり高火力竜技を連打できる点と受けループに対するトリック展開が非常に強力だと改めて実感しました
カイリューやハッサムでは殴りまけてしまうヒードランがやっかいだったことや、汎用性を考えて波乗りを採用しています
ラティオス受けをヒードランに一任しているパーティはかなり戦いやすかった印象です
初手ラティオス対面の場合、こちらハッサムに引き、相手がヒードランを出してくると逆サイクルとなり不利になってしまうところが痛い
ラティ対面でなければ非常になみのりが打ちやすいです

・ハッサム
174(228)-200(252)-120-75-100-89(28) 意地っ張り
素早さはS無振りメタグロス抜かれ調整で、Aは252振り、残りHです
メタグロスに対して後攻とんぼがえりをしたかったのでこの調整となっています
こちらのハッサムは相手の珠ハッサムに負けたくなかったのでツバメ返しを採用
電光石火を抜いたためボルトロスの処理がめんどうに思えますが、他で十分カバーできると考えたのでこの構成になっています

・スイクン
191(124)-95-135-141(244)-135-135(140) 臆病
火力を保持しつつキノガッサ(S134)抜き調整したスイクンです
Hも16n-1となっているのも綺麗だと思います
スイクンはCSでも非常に強力ですが、ある程度耐久があるほうが個人的に使いやすかったのでこの配分に
カゴの実を持たせることでカバルドンに対しても強気に居座れます
構築当初は零度スイクンを使用していたのですが、珠ハッサムに抜かれたりキノガッサに先制されたりでうまく機能しないこともあったので流行のポケモンにメタをはっていく形になりました
瞑想を積めばよゆうを持ってH153-D92キノガッサを落とすことができます

・ローブシン
209(228)-185(68)-118(20)-75-109(188)-66(4) 意地っ張り
対面からレパルダスやボルトロス、キノガッサを狩れるようにラムの実を持たせています
ある程度削れたカバルドンであれば冷凍パンチで突破することも可能
カバドリはいかにローブシンを温存していくかがカギなので、立ち回りも重要になってきます
本記事にもあるように、最近は電気ジュエルボルトロスがいるようなので、努力値を特殊耐久に厚く振ったローブシンが強いと思います

やはり対面構築は完成されている構築のひとつなので使いやすいですね
関東でお世話になった方々、本当にありがとうございました
学生時代のポケモン考察は本記事にて終了になります
ここまで読んでいただきありがとうございました
スポンサーサイト
2013.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/175-f35ba87f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。