なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ローテーションバトル(以下ローテ)において、晴れパ、砂パ、雨パ(ニョロトノ・キングドラ)の構築は考えてきましたが、雨パのなかでも暴風という技を持つポケモンを軸に考えたことがありませんでした
偶然にも、BW環境で追い風要因や、アクロバットなど非常に強力だったトルネロスがフォルムチェンジし、防御、特防の種族値が上昇するだけでなく、素早さの種族値も上昇しました
このことから、再び雨パを考えようと思い、その中心ポケモンに霊獣トルネロス(以下ファントム)をおいてみました
構築メンバーはこちら
ニョロトノキングドラ霊獣トルネロス
ナットレイドリュウズ通常色テラキオン

この構築は4月13日に行われた@c_limixさん主催の週末ローテ大会で使用し、準優勝という結果を残すことができた構築です
詳細は以下から
ポケモン名特性持ち物技1技2技3技4
ニョロトノ雨降らし脱出ボタン熱湯あまごい滅びの歌まもる
キングドラすいすい命の珠ハイドロポンプなみのり竜の波動身代り
霊獣トルネロス再生力拘り眼鏡暴風エアスラッシュ草結びとんぼ返り
ナットレイ鉄の棘カゴの実タネマシンガンジャイロボール宿木の種眠る
ドリュウズ型破り拘りスカーフ地震いわなだれアイアンヘッドつばめがえし
テラキオン正義の心気合の襷インファイトストーンエッジ電光石火挑発

構築当初はキングドラが入っておらず、ニョロトノ+ファントムの並びから構築をスタートしました
ニョロトノ+ファントムの並びで誘いやすいポケモンがバンギラス、ジバコイル、水ロトム、カイリュー、クレセリア、ラティオス、ボルトロス
このあたりだと考えています
つまり、ニョロトノ+ファントムの苦手とするポケモンが上記のポケモンというわけです
ここに大きな打点を持つポケモンを考えたところ、「型破り(夢特性)ドリュウズ」にたどり着きました
この時点でニョロトノ、ファントム、ドリュウズの3匹が決定
持ち物としてはニョロトノは未定、ファントムは眼鏡、ドリュウズはスカーフか鉢巻を持たせようと考えていました
経験上、ドリュウズは地震で拘りたい場面が多く、その場合、ボルトロスやサンダーのような雨ファントムでの処理がきつい電気飛行タイプのポケモンが非常に重くなってしまいます
そのため、電気飛行ポケモンを早急に処理したいためテラキオンの採用に至りました
ニョロトノ、ファントム、ドリュウズ、テラキオンと来ているため、非常に相手のラティオスがつらい
もう一枚鋼タイプがほしいところなので、雨との相性良好なナットレイを採用
しかしながら、ナットレイを採用したことにより格闘弱点が3枚となってしまいました
格闘ポケモンにはファントムで十分対処できますが、さすがにファントム1枚ではつらいです
そこで考えたのは
・格闘耐性を持つポケモンの採用
・雨の恩恵を受けつつ火力で飛ばす
そこで試験的にキングドラを採用したのですが、ニョロトノ+ファントムで崩せないバンギラティオスのような並びにキングドラがいい感じに圧力をかけてくれたため、キングドラの採用は正解だったと考えています

個別解説
・ニョロトノ
トルネロスが先制技に縛られてしまうのいやなので、特殊耐久よりも物理耐久を重視し、やけどワンチャンの意味も込めて熱湯を採用
近頃のローブシンは鉄の拳が多いという情報もちらほら聞くので積極的にやけどを狙っていきたいところ
技構成は熱湯、滅びの歌までは確定で
キングドラミラーが面倒なので凍える風で素早さ操作をしたいところですが、使ってみると凍える風を選択する場面は少なかったように思えました
天候を書き換えられた場合は守るからの交代で再度天候上書きを狙っていきます
構築当初はゴツゴツメットを採用していたのですが、ファントムの再生力と脱出ボタンニョロトノの相性がよく、ファントムが削られた状態からトノに下げ、攻撃を受けつつ脱出し、再度ファントム光臨という立ち回りもできたので非常に自分好みの立ち回りができることも多々ありました(シングル脳かもしれません)
脱出ボタンを持っているのであまごいが必要かと言われると疑問符がついてしまいますが、このあたりは好みといったところでしょうか
あまごいと凍える風、さらにアンコールは融通がきくところだと思います

・キングドラ
151(4)-147(252)-115-115-115-150(252) 臆病
一般的なCS珠キングドラ
雨パミラー(特にキングドラミラー)がめんどうなので臆病個体を採用しています
キノガッサのキノコの胞子に対して牽制の意味もこめて身代りを搭載
臆病で命の珠を持たせた場合、火力が不十分になってしまうため、あえて流星群は切りました
いわずもがな雨パのエースポケモン
ニョロトノ、ファントム、ドリュウズ、テラキオンの並びでラティオスがつらいので、圧力をかけられるキングドラをいれています

・霊獣トルネロス
155(4)-120-100-162(252)-110-190(252) 臆病
相手にバンギラスがいた場合、先発の天候のとりあいが勝負のカギを握るため、後発にニョロトノを置いてとんぼ返りで繋ぐという場面もありました
ニョロトノ解説のところにも書いたとおり、脱出ボタンニョロトノとの相性も良好
圧倒的素早さからのとんぼ返りなので、スカーフ持ちでない限り先制とんぼ返りができます
もしスカーフ持ちだとしても、ファントム自身の耐久が低くないため、ワンキルされる心配はそれほどありません
ダメージを受けたとしても、特性再生力で回復しつつ交代することができます

・ナットレイ
181(252)-114-191(180)-74-146(76)-22 のんき最遅
A144ビリジオンの鉢巻インファイト確定耐え
A182ガブリアスの珠地震確定2発耐え
霊獣トルネロスが先制技でしばられることが多いため、ナットレイはHBベースとしています
キノガッサの胞子への耐性が乏しいため、ねむカゴとし、雨選出の際の場持ちがさらによくなります
電気の一貫性を無くす重要な駒のひとつ
キングドラのみがわり、トルネロスの暴風混乱自害ワンチャンスと、宿り木の種の相性も良好です

・ドリュウズ
186(4)-205(252)-80-70-85-140(252) 意地っ張り
雨パ特有である電気の一貫性を消しつつ、水ロトムやジバコイルのような高火力電気ポケモンを1発で処理できる点が優秀
手動天候変化やトリックルーム要因として優秀であるクレセリアを筆頭とする浮遊を特性とするポケモンに地震を選択できる点も評価できます
対砂、対手動天候変化、対雨メタポケモン、そしてココドラを考慮すると、電気無効かつこれらに有効打を持てるポケモンが型破りドリュウズでした
雨選出をしつつ砂パにも大きな打点を持てるところも魅力的ですね
4つ目の枠は、当初、つのドリルや地割れを採用していました
しかしながら、小さくなるパーティやスカーフキノガッサの処理を考えて、最終的につばめがえしを採用しました

・テラキオン
167(4)-181(252)-110-92-110-176(252) 陽気
対飛行ポケモン、特に電気飛行ポケモンを迅速に処理するために採用
また、相手のバンギガブに対してもスカーフをもたれていない限りこの2匹を上から殴れることも優秀
スカーフカイリキーよりも早く攻撃できる点も評価できます
先制技を持つポケモンがいなかったので電光石火を、
手動天候変化を阻止するため挑発を採用しています


この場を借りて週末ローテ大会を主催してくださいった@c_limixさんに感謝いたします
運営お疲れさまでした


参考文献
主翼展開! 様
http://sangar30.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

ばんぴーじゃんぴー 様
http://d.hatena.ne.jp/yuminn10/20121125/1353829652#seemore

Chibitsuke Cyampyon Chip ブログ 様
http://d.hatena.ne.jp/embalming0111/20130130/1359543100
(ファントムの由来)
スポンサーサイト
2013.04.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/162-d900318e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。