なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ローテーションバトル(以下ローテ)における採用されやすいポケモンを、役割別に分類してみました。
役割別といってもピンとこないかもしれませんが、簡単にいうと「対ココドラ」や「トリックルームからの抜きエース」などのポケモンを指します。
自分自身が構築を組み際にまとまったメモがほしかったので記事にしてみました。
主観ではありますが、気になる方は続きからどうぞ。
・天候変化要因
バンギラスカバルドン460.pngニョロトノキュウコン
バンギラスやカバルドンはパルシェンの襷をつぶすことができ、ユキノオーはココドラやジバコイルの頑丈をつぶすことができる。逆に、ニョロトノやキュウコンは頑丈や襷の消費を防ぐことができる。


・追い風要因
トルネロススイクン547.png198.png
ハッサム145.pngラティオスラティアス
トゲキッス通常色ウルガモス169.png
特に、トルネロスとエルフーン、ヤミカラスの特性であるいたずらごころによる優先度+1からの追い風は非常に使い勝手がよい。
追い風を使用する際は、エースとの相性を考え、さらにトリックルーム対策や、いたずらごころ身代り対策をするといいでしょう。


・追い風エース
ガブリアス霊獣ボルトジバコイル
ハッサムカイリュー水ロトム 通常色

ゲームメイクとしては、これらのエースの圏内まで削り、追い風展開から掃除をしていくというのが理想。
こだわりアイテムを持つことで最初から高火力を出すポケモンが多いが、ジバコイルと水ロトム以外のポケモンは優秀な積み技を持っており、襷を持たせて積むのもよし、壁はり役をおいて強引に積んでから追い風展開に持ち込むこともできる。初心者のかたにもおすすめできるギミックのひとつです。代表的な構築としてガブリアス&スイクン軸の構築があります。


・トリックルーム要因
ブルンゲル547.png437.png579.pngクレセリア通常色
065.png356.pngポリゴン2609.png
追い風やSを絡めた積み技(りゅうのまいなど)に対して有効な素早さギミックです。
ブルンゲルはソクノのみを持つことで比較的安定して、エルフーンは気合の襷を持つことでトリックルームをしやすくなります。
ランクルスは特攻種族値も高く、自らアタッカーとしても役割を持ってくれます。
フーディンは素早さが高く、一見トリックルームに向いていないかも知れませんが、夢特性マジックガードにより攻撃技以外のダメージを受けません。したがって、気合の襷で耐えてトリックルームをはり、天候ダメージで落ちるということがありません。また、トリックルームが切れた後はその高い素早さから自ら掃除役としても働くことができます。トリックルーム構築はトリックルーム中以外は後手に回りやすいパーティであり、カイリキーの爆裂パンチにより妨害されますが、フーディンはスカーフカイリキーよりも早く動きワンキルし、さらにライコウよりも早いので壁をはられるまえに挑発を入れることもできます。
1発で落ちないという面ではサマヨールが非常に優秀ですが、相手を削る技としてナイトヘッドや痛みわけくらいしかないため、積みの起点になりやすいポケモンであるといえます。積みポケモンとして物理アタッカーが多いので鬼火を採用したいところですが、技のスペース的に厳しそうです。
ポリゴン2は前回の記事でも述べたように、後発で出した場合、そのターンにローテーションするまえに相手の先頭にいるポケモンにトレースします。詳しくは過去記事参照→ポリゴン2考察
これは机上論ですが、相手のカイリューに後出しし、マルチスケイルをトレースすることでトリックルーム要因だけでなく、削り要因としても非常に有能でないかと考えています。


・トリックルームエース
ローブシンハッサム460.pngメタグロス通常色
ナットレイバンギラスブルンゲル589.png
ガラガラボスゴドラココドラ
シングルでも壁+ローブシンの構築が結果を残しており、ボク自身も愛用している構築のひとつです。
トリパエースは個々のスペックが高い点で評価しています。
最近のローテ大会の結果を見る限り、トリックルームを軸とした構築が上位入賞しているイメージがあり、安定する構築である一方、トリックルームの優先度が-7ということで、立ち回りがきちんとしていないとトリックルームをする前にパーティが崩壊することがあるので中級者から上級者向けの構築であると言えます。
いたずらごころを利用した展開ができない分、追い風を軸とした構築よりも使いづらい印象は受けます。


・リフレクター、ひかりのかべ要因
ライコウ通常色ラティオスラティアス
水ロトム 通常色065.png547.png
壁をはるならなるべく素早さの高いポケモンを採用したいです。
具体的にはS141以上のポケモンです。(最速ヒードラン)
壁をはることで少しでもじゃんけん要素を減らすことができるので、ローテにおけるギミックに関しては一番評価しています。


・ココドラ対策
ゴーストポケモン
ブルンゲル609.png356.png
がむしゃら無効化は対ココドラでは有利ですが、ゴーストタイプ一匹だと択を何度も当てる必要があるため、もう一枚対策カードはほしいです。

連続技持ちポケモン
パルシェンナットレイドサイドン
ココドラはほぼ100%レベル1なので、非トリル下ではほとんどのポケモンが先制で攻撃することができます。
連続技は相手の木の実ジュースを考えるとワンキルするためには3発以上当てる必要がありますが、それでもココドラを使用する側からしたら連続技をもっているだけで厄介です。

キノコの胞子
モロバレルきのがっさフシギバナ
ココドラより早く動きかつ胞子で眠らせることでアドをとっていきます。
キノガッサはタネマシンガンという連続技も持っているので、ココドラに対しては非常に優秀なカードであると言えます。
モロバレルは対雨も見れ、耐久もあるので採用しやすいポケモンではありますが、キノコの胞子を封じてくる身代りや挑発などに注意して立ち回る必要があります。最近ではめざ炎持ちのモロバレルもいるようです。

かたやぶり
オノノクスドリュウズ通常色
オノノクスは以前からいますが、型破りドリュウズは夢特性でしたのでBW2から出現しました。
ローテ大会では上位にはいった構築にも採用されており、結果を残しているポケモンだと思います。
頑丈やマルチスケイル、浮遊などを貫通してダメージを与えられるのはすばらしいですね。
ドリュウズはBW2の教え技でアイアンヘッドも習得し、攻撃範囲も広がりました。


・電気半減or無効 (多すぎたので比較的採用しやすいもののみ)
ガブリアスラティオスラティアス460.pngモロバレルライコウ通常色ナットレイジバコイルドサイドントリトドンサザンドラランドロス霊獣ボルト
ローテの構築をするときに、一貫性を消すことは非常に重要であり、特に電気、格闘、地面、飛行などの一貫性を消すことが重要です。
そこで電気技を半減、無効するポケモンで採用しやすいポケモンをあげてみました。
しかし半減であっても耐久が薄ければ意味がないのでキノガッサのようなポケモンは省いてあります。


構築を組む際の参考までにどうぞ。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト
2012.09.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/157-09f8c59f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。