なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ローテ晴れパはスタンダードパーティをはじめ、天候パに対しても決して劣ってはいない。

ローテーションバトルに心奪われ1年半が経ちます。
いままで手をつけてこなかった晴れパに手を出したのは勝てるビジョンが明確に見えなかったからです。
正直「食わず嫌い」でした。

しかし、最近晴れパを組み、レートや大会で回したところ、スタンダードパーティ(スタンパ)や天候パにもかなりの勝率を出すことができました。
大会でも強者相手に満足のいく立ち回りができたと思います。

晴れパはローテでは数少ない構築ですので、しっかり記事として残していきたいです。
一部には課金ポケモンを使用しており、採用が難しいポケモンもいるかと思います。
ローテ大会でも使用する機会があったのでログも残しておきます。


晴れパ

キュウコン
★キュウコン@炎のジュエル プレート

実数値:159-*-96-123-131-155

技構成:だいもんじ ソーラービーム おにび かなしばり


HPは16n-1
晴れ下、タイプ強化系アイテムを持たせることでHD特化モロバレルを大文字で確定1発
H187-D135メタグロスを晴れ大文字で確定1発 メタグロスを意識したのは、東大ゲー研オフでの上位者がメタグロスを使っていたということもあり、今後増える傾向にあると考えたからです。
耐久無振りトルネロスをタイプ強化アイテムあり晴れ大文字で確定1発
素早さは意地っ張りガブリアス抜きにし、おにびを入れることで火力ダウンさせる。
さいみんじゅつは命中に不安があったため不採用としました。
採用するのであれば重力とあわせて構築したいです。
対戦回数をこなしていくうちに、ソーラービームの必要性を感じなくなってきましたので、ヒードランやシャンデラを意識しためざめるパワー地に変えようと考えています。
大会ではソーラービームでトリトドンが落ちないということがあったので、火力も不安です。水タイプ意識でソーラービームを打つなら催眠術あたりのほうがいいと思います。
残った努力値はDに回して水技などのダメージを軽減しました。
雨に対して選出する際は、クレセリアとともに選出し、後発にキュウコンを置くことが多いです。
持ち物は見せふうせんもありだと思いますが、上記のようにHD特化モロバレルやトルネロス(ジュエルなしアクロバットであれば耐久無振りでも確定耐え)あたりを意識したいので炎のプレートやジュエルを持たせたいです。
ジュエルですと、H212-D95以下のローブシンであれば晴れジュエルだいもんじで確定1発です。

リザードン
★リザードン@こだわりスカーフ (サンパワー)

実数値:154-*-98-177-105-152

技構成:だいもんじ オーバーヒート エアスラッシュ ソーラービーム


サンパワーとは、リザードンの夢特性であり、「晴れのときに特攻が1.5倍になるが、ターン終了時にHPが1/8減少する」というもの。
スカーフを持たせ、晴れ下で炎技を打ってるだけでもその火力は脅威。
(ちなみに晴れオバヒでH177-D100ハッサムを最低乱数でも7匹倒します)
言うまでもなく晴れパ最強のエース。

クレセリア
★クレセリア@ゴツゴツメット

実数値:227-*-140-96-150-150

技構成:サイコキネシス しんぴのまもり めいそう つきのひかり


雨パに対して積極的に選出します。
めいそうを積み、晴れ月の光で最大HPの2/3回復します。
特にラティドランの並びには強いと思います。
素早さは最速にして先手でめいそうを積めるように。
実はダブルの個体だったりしますw
晴れパ(特にキュウコン)が相手のガブリアスを呼びやすく、さらに最近のガブリアスは拘りアイテム持ちが多いため、クレセリアがいるだけで地震が打ちづらくなります。
すると、ガブリアスはダブルチョップや逆鱗、ドラゴンクローを打ってくるわけですが、晴れ下で月の光をしていればゴツメのダメージ蓄積で勝手に落ちて行ってくれます。そのため、凍える風のような氷技はあえて切りました。
このように、ゴツメ・めいそう・晴れ下のつきのひかり の相性はとてもいいと言えることがおわかりいただけるでしょう。

テラキオン
★テラキオン@気合いの襷

実数値:167-181-110-*-176

技構成:インファイト ストーンエッジ にどげり 剣の舞


晴れパの課題であるガブリアスとヒードランを上から殴れることができるポケモン
クレセリアとの横の並びも非常に良い。
他の格闘ポケモンでも考えたが、やはりヒードランを先手で処理できる点、晴れにより炎の火力をあげてしまうが、岩タイプにより半減できる点、キュウコンが苦手な天候上書きポケモンであるバンギラスをけん制できる点などを評価してテラキオンを採用しました。
今回のなかでありましたが、晴れパは比較的カビゴンも呼びやすかったのでテラキオンがいい仕事をしてくれました。
スカーフカイリキーにも抜かれないので、かなり圧力をかけられます。

ナットレイ
★ナットレイ@オボンの実

実数値:181-160-152-*-136-22

技構成:パワーウィップ タネマシンガン ジャイロボール 日本晴れ


調整はHA252 B4
ローテでは○○耐えとかは滅多に活きることはありませんし、ナットレイはその火力も非常に魅力的であるためHAとしました。
雨パに積極的に選出していくポケモンです。
クレセリアと並ばせ、天候を晴れとしてクレセリアの積み・回復のサポートをします。
ある程度トリルにも厚くするための悪あがき程度に。
トリル展開、特にトリパエースとしてのローブシンであるが、これには構築の段階で厚く対処しているつもりです。
晴れパの鋼枠としてはやはりナットレイが必然的に入ってくると思います。手動日本晴があるのは大きいですね。
大会では、バンギラス・ガブリアスの並びでまずバンギラスを他のポケモンで落とし、その後ナットレイで日本晴れ(砂隠れを発動させないため)をし、げきりん固定からのテラキで締めという展開もありました。砂パに対してキュウコンは選出しにくいため、ナットレイの日本晴れが非常に役に立ちます。

ランドロス
★ランドロス@こだわり鉢巻

実数値:165-194-110-*-100-153

技構成:地震 ストーンエッジ げきりん 大爆発


電気技の一貫性を消すための地面タイプ
バンギラティハッサムテラキに対してランドロス、ナットレイを選出し、ランドロスで格闘技、ナットレイでドラゴン、鋼、岩技をけん制できるので、ランドロスが動きやすくなるため有利な展開に持ち込みやすいです。高い打点を持てるのは非常に評価できます。
地面タイプとしてガブリアスが優秀と言われていますが、今回はナットレイやテラキオンを採用しており、格闘ポケモンに厚くしたかったので地面・飛行タイプであるランドロスを採用しました。
ラティオスの眼鏡りゅうのはどうを耐え、読みが合えば逆鱗で倒すこともできます。
構築段階でバンギラスを誘っているところもあるので、相手の砂をうまく利用した立ち回りができれば理想です。

ハイン氏主催ローテ大会ログ(敬称略)

1回戦 VSアキノヒ(ガブリアス ヒードラン カイリュー ハッサム ラティオス ジバコイル)
バトルビデオ:72-38980-46708


選出
Tio:キュウコン テラキオン クレセリア (ランドロス)
アキノヒ:ラティオス ヒードラン ハッサム (カイリュー)

選出理由
相手に天候変化ポケモンがいなかったため、ノータイムキュウコン確定
ラティドランはクレセリアで突破できるのでキュウコン・クレセリアの並び
若干ヒードランが重く、ジバコイルも意識したかったのでテラキオン これで先発3匹決定。
後ろはガブリアスやハッサム、ジバコイルなどに厚くするためにランドロスを採用しました。

1T
Tio:クレセリア 瞑想
アキノヒ:ラティオス なみのり

初手からハッサムを動かしてくるのはあまりにもリスキーであり、こちらに水技が一貫していたためクレセで積みにいきました。これである程度ラティドランに強気に突っ張れる。

2T
Tio:キュウコン だいもんじ
アキノヒ:ハッサム 落ち

こちらはクレセリアの瞑想が安定な場面であったため、ハッサムでむしくい読みのキュウコンのジュエルだいもんじを選択。これでクレセリアがかなり動かしやすくなりました。
相手4体目カイリュー降臨

3T
Tio:テラキオン インファイト
アキノヒ:ヒードラン 落ち

クレセリアの瞑想が大安定 相手としては、瞑想まではいいが月の光がやっかいなので、ヒードランの挑発読みでテラキオンのインファイトを選択。これでヒードランが落ちる。

4T
Tio:キュウコン 鬼火
アキノヒ:カイリュー げきりん

相手の勝ち筋はカイリューで舞ってごり押ししかない。
完全に相手の勝ち筋をつぶすために鬼火を選択。やけどを負わせることでクレセリアの突破ソースを打ち消す。

5T
Tio:クレセリア つきのひかり
アキノヒ:カイリュー げきりん 混乱 ゴツメダメージ

ゴツメダメージで勝手に落ちていくので月の光を選択

6T
降参で勝ち


2回戦 VSヒサカ(ラティアス トルネロス ココドラ ヒードラン ブルンゲル ローブシン)
バトルビデオ:30-44234-60777


選出
Tio:キュウコン クレセリア リザードン (ランドロス)
ヒサカ:ラティアス ヒードラン ブルンゲル (ココドラ)

選出理由
ラティアス、ココドラ、ローブシンを見てキュウコン・クレセリアの選出確定
先述のように半数のローブシンはキュウコンのジュエルだいもんじで突破できます。
トルネロスはスカーフリザードンで処理
ブルンゲル、ヒードランはクレセリアの起点

1T
Tio:クレセリア めいそう
ヒサカ:ブルンゲル シャドーボール

並びが特殊のみだったのでクレセリアで瞑想
ラティアスのトリックが怖かったが、初手キュウコンの催眠術が安定(ないけれども)してたので、ラティアスは眠らせたくないと考えてこないと思い、瞑想を選択。

2T
Tio:クレセリア めいそう
ヒサカ:ヒードラン だいもんじ

初手と同じ思考でめいそう
これでクレセリアのHPが半分になったため次のターン月の光を読まれやすい。

3T
Tio:キュウコン ソーラービーム
ヒサカ:ラティアス トリック

ここはブルンゲル読みでソーラービーム撃ちましたが、ラティアスのトリックで炎のジュエルを奪われました。結果としてはキュウコンにこだわり眼鏡トリックが入っておいしかったです。これでブルンゲルへの大ダメージソースが確保できました。w

4T
Tio:キュウコン ソーラービーム
ヒサカ:ヒードラン だいもんじ

キュウコン捨てにいきました。ブルンゲルにあたったらおいしいなくらいの勢いでソーラービーム選択。そうそうに切ってラティアスやヒードランのみがわり起点になりたくなかったのでキュウコンを切ることを選択しました。後ろがランドロスであり、ヒードランの風船を割るという仕事もこなしてくれたのでいいかなと。

5T
Tio:キュウコン ソーラービーム
ヒサカ:ラティアス めいそう

おそらくキュウコン切りを読まれたのでしょう、ラティアスの積みの起点になってしまいました。
回復ソースがあるため、PPのことも考えると多少ながらクレセリアのほうが有利でしょうか。
ただ、めいそうを最大まで積まれるのは避けたいところです。

6T
Tio:リザードン エアスラッシュ
ヒサカ:ラティアス 急所落ち

ラティアスの瞑想が怖かったのでリザードンで殴りに行きました。
功を奏し急所にあたりラティアスが落ち
これで相手としてはクレセリアの突破が厳しくなりました。

ココドラ降臨

7T
Tio:キュウコン ソーラービーム
ヒサカ:ヒードラン だいもんじ

キュウコン切りです。
ヒードランの晴れだいもんじを2発耐えるとは思いませんでした。

8T
クレセリア めいそう
ココドラ がむしゃら

クレセリアより早いポケモンがいなかったため、がむしゃらをされても先手で回復できると思い、クレセリアで積みにいきました。
ココドラにゴツメダメージが入って頑丈がつぶれる。

9T
Tio:リザードン エアスラッシュ
ヒサカ:ヒードラン ひるんでうごけない

ココドラの頑丈がつぶれたのでリザードンで殴りに行きました。
ヒードランに受けられますが、ひるんで爆アド
完全に運のおかげでした。

10T
Tio:クレセリア つきのひかり
ヒサカ:ブルンゲル トリックルーム

安定行動のつきのひかり
ブルンゲルがトリックルームをはり最後まで勝ち筋を拾いに行くプレイングは敵ながらあっぱれでした。
さすが元レート1位

11T
Tio:キュウコン ソーラービーム
ヒサカ:ヒードラン ちょうはつ 

何度目だろうか、キュウコン切り
挑発を受けてくれるナイスプレイング
トリルターンをかせいでくれました。

12T
Tio:リザードン エアスラッシュ
ヒサカ:ブルンゲル シャドーボール

リザードンがほぼ無傷であり、どんな攻撃も1発は耐えてくれると思ったので、トリルターン消費も兼ねてリザードンを動かしました。

13T
Tio:キュウコン 落ち
ヒサカ:ブルンゲル シャドーボール

キュウコンをいけにえに捧げ、ランドロスを召喚!
トリルターン稼ぎです。

ランドロス降臨

14T
Tio:ランドロス 地震
ヒサカ:ブルンゲル なみのり 落ち

ランドロスであればどの攻撃でも1発は耐え、勝つ1匹は持って行ってくれるだろうと思い、鉢巻き地震を選択。
晴れ状態でのなみのりでは半分も削れらません。

15T
Tio:ランドロス わるあがき
ヒサカ:ココドラ  落ち

ランドロス捨てで動きました。相手としてはクレセリアの突破ソースがないので積み

16T
リザードン エアスラッシュ
ヒードラン 落ち

リザードンでチェックメイト。


3回戦 VSきゅあ(バンギラス ボルトロス リザードン バシャーモ ナットレイ ガブリアス)
バトルビデオ:50-16768-24468


選出
Tio:ランドロス ナットレイ クレセリア (テラキオン)
きゅあ:バンギラス バシャーモ ボルトロス (ガブリアス)

選出理由
砂パへの基本選出であるランドロス、ナットレイは確定
バシャーモを止めるためにクレセリアを先発の3体目に採用。
ボルトロス、リザードン、バシャーモ、ナットレイはクレセリアで受けたおす。
ナットレイで天候を晴れとし、ガブリアスにある程度ダメージを蓄積させて後ろのテラキオンで倒すというのが展開の理想です。

1T
Tio:ランドロス 地震
きゅあ:バンギラス 落ち

相手の選出ではクレセリアが明らかに重く、こちらは初手クレセリアが比較的安定。
相手のパーティを眺めた際にローブシンが非常に重たく感じたのでボルトロスはめざ飛行ではないかと読む。
したがって、ランドロスへの決定的なダメージがないと考えたため、地震を選択した。
バンギラスが落ちてクレセリアが暴れやすくなる。

ガブリアス降臨

2T
Tio:クレセリア めいそう
きゅあ:ガブリアス つるぎのまい

クレセリアのめいそうが安定。
みがわりをされたらナットレイのタネマシンガンから後ろのテラキオンで倒す。
剣の舞をされたらげきりんをナットレイなりクレセリアで受け襷なりをつぶし、後ろのテラキオンで倒す。
ランドロス、クレセリア、ナットレイの並びで地震を打てる勇気があれば相当な読みの持ち主であろう。

3T
Tio:ランドロス 落ち
きゅあ:ガブリアス げきりん

ランドロスが地震で拘っており、ボルトロスのみがわり起点になりたくなかったため早々に切りに行きました。

テラキオン降臨

4T
Tio:ナットレイ 日本晴れ オボンの実発動
きゅあ:ガブリアス げきりん

先ほど考えてたビジョンを描く。
ナットレイでげきりんを受け、鉄のとげでダメージ蓄積。
砂隠れでワンチャン残されるのがいやだったので賢明に日本晴れを選択。
オボンの実発動し、もう1発げきりんを耐える。

5T
ナットレイ ジャイロボール
ガブリアス げきりん 落ち

げきりんをくらうもミリ耐えし、ジャイロボールでガブリアスを落とす。
これで相手の場にはボルトロスとバシャーモとなり、クレセリアの突破がかなり難しくなる。

6T
Tio:ナットレイ ジャイロボール
きゅあ:ボルトロス サイコキネシス

相手の勝ち筋は電磁波をクレセリアにいれて、動けなくすることだと考えました。
ここはクレセリア読みで電磁波をしてくると思い、ナットレイでジャイロボールを選択しました。

7T
Tio:クレセリア サイコキネシス
きゅあ:バシャーモ 落ち

クレセリアのサイコキネシスが大安定。
守るをされずそのままバシャーモが落ちて行く。
残る相手の勝ち筋は全痺れ狙いのみ。

8T
勝ち


あと2戦は負け試合だったため、ログは参考にならないと思うので公開しません。

VSサンガー(ガブリアス カイリュー スイクン シャンデラ ハッサム ジバコイル)
バトルビデオ:15-28740-05903

VSかっさー(カビゴン サンダー ハッサム カイリュー シャンデラ トリトドン)
バトルビデオ:33-29998-23886

主催してくださったハインさん、参加したみなさま、遅くまでお疲れさまでした。
また機会があれば参加させていただきます。
ありがとうございました。

@Tio
スポンサーサイト
2012.03.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/140-c706e8a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。