なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PT構築する際に重要な持ち物選択。

今回は、最近よく構築に入ってくるカイリューについて、思考の整理もかねて持ち物考察していきたいと思う。

まずはカイリューのステータスを。

カイリュー

種族値:91-134-95-100-100-80(左からHABCDSの順)

タイプ:ドラゴン・ひこう

特性:マルチスケイル(せいしんりょく)

テンプレ努力値振り:AS252 B4

実数値:166-204-116-108-120-132(性格いじっぱり)

技構成:ドラゴンクロー しんそく りゅうまい +α(ほのおのパンチ 地震 かわらわり げきりん ぼうふう)


以下、本題の持ち物考察

1.いのちのたま

マルチスケイルにより、比較的りゅうのまいを積みやすく、積んだあとの火力を上げて抜き性能を高くする。

ボクの場合、特に砂・あられPTを組む際に、いのちのたまを採用することが多い。

なぜなら、天候による定数ダメージがあるため、自ら攻撃しても、相手の攻撃を受けなかったときでもマルチスケイルがつぶれてしまうからだ。

どうせマルチスケイルがつぶれてしまうなら、珠を持たせてもいいんじゃないかなと思い、いのちのたまを採用することが多い。

あとは、最後の掃除役としての役割を持たせるときに、しんそく圏内を広げるという意味でも採用することが多い持ち物である。

しんそくダメージ比較は過去記事参照

デメリットとしては、どうしても神速を打ったときに、相手に耐えられてマルチスケイルがつぶれてしまった上から殴られてしまうことである。

これが最もデメリットだと考えている。

また、天候PTに採用することが多いとさきほど述べたが、定数ダメージといのちのたまダメージで、比較的短命になってしまうこと点も注意する必要がある。

さらに、ローテにおいてはいのちのたまの取り合いはすさまじい。

これにより、選出段階での持ち物読みもされやすくなってしまう。

しかし、やはり珠カイリューの火力は非常に魅力的であり、採用しているローテ勢も多数であるのは確か。

理由のひとつは、過去記事でも述べたしんそく圏内の拡大。

2つ目は、風竜スタン(おいかぜ+ドラゴン軸のPT)に対するカードとしてである。

風竜スタンを知らない人のために、軽く紹介を。

代表的なおいかぜ要因としては、トルネロス、スイクン、エルフーンあたり。

ドラゴンとしてはガブリアスが最も代表的。

ガブリアスが気合のたすきなどで確実に耐えてつるぎのまいを舞い、おいかぜにより全抜きを狙うというコンセプトのPTである。(あまりにも漠然としているがだいたいあってる)

最近はガブリアス・スイクン軸のPT(個人的には水竜スタンと呼んでいる)をよく見る。

ボク自身も水竜スタンについては紹介しているので過去記事参照

風竜スタンの弱点としては、おいかぜで1ターン、積み技で1ターン必要とするということである。

言い換えれば、相手のおいかぜ要因と、抜きエースにダメージを与えることによって、カイリューのしんそく圏内に入れることができるということである。


2.ジュエル(ドラゴンジュエルが主)

ドラゴンジュエルにより、ドラゴンクローや逆鱗の火力をアップを図る。

舞ジュエルドラゴンクローで、H151-B127水ロトムを1発で持っていけるのも優秀。

いのちのたま1舞ドラゴンクロー
ダメージ: 142~168
割合: 94%~111.2%
回数: 乱数1発 (62.5%)

ジュエル1舞ドラゴンクロー
ダメージ: 163~193
割合: 107.9%~127.8%
回数: 確定1発

また、いのちのたまと違い、しんそくを打ちやすいのが特徴

しんそくを選択した場合、珠ダメージをくらい、相手に耐えられた場合にマルチスケイルが消えた状態で殴られてしまうため。

ドラゴンジュエルは他のポケモンとの取り合いが少ないため、比較的採用しやすいアイテムであろう。

砂やあられのないPT構築する際はこちらのほうが組み込みやすいかもしれない。


3.ラムの実

カイリキーの思考停止ばくれつパンチと、モロバレルのキノコの胞子意識のラム。

数は少ないが、カバドリのあくびに対してもある程度強気に舞っていける。

まだ使用したことはないが、比較的扱いやすいと思う。

ただ、火力不足となるのが残念。


4.こだわりハチマキ

最初から高火力で殴ることができ、持ち物による反動ダメージがないため、しんそくを積極的に打っていきやすい。

ローテでは比較的あまりやすいアイテムなので、持ち物としても選択しやすい。

ハチマキを持たせることで、竜の舞が技構成から抜けるため、攻撃技をひとつプラスできる。


<最後に>

夢特性マルチスケイルにより再評価され、さらに積み技が強いといわれるローテ環境で注目を浴びているカイリュー。

優先度強化されたしんそくはローテにおいて非常に縛り性能が高い。

格闘・水半減、地面無効というタイプ面も優秀なため、積極的に採用していきたいポケモンであると言えるだろう。

持ち物はなに持たせても強い。
スポンサーサイト
2011.12.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tiopoke.blog79.fc2.com/tb.php/119-ffd06ff9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。