なるようになるさ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3/9に開催された週末ローテ大会に参加してきました。

週末ローテ大会のまとめブログはこちら

まだ下書きの最中である雨カイリュー構築で出場した結果、ベスト4という結果を残すことができました。
優勝とはなりませんでしたが、50人規模のローテ大会でベスト4に入れたので構築を公開したいと思います。
まだ模索中なので完成系とは言えませんが、参考程度にどうぞ。

雨カイリューハッサム

雨カイリュー

★ニョロトノ@こだわりスカーフ

実数値:175-*-100-143-121-120

ハイドロポンプ なみのり 冷凍ビーム ほろびのうた


HPは16n-1、素早さはスカーフを持たせて180(最速111族抜き)、残りCへ

ゲー研オフでカイリキーが増え、さらに優勝パが電磁波砂だったので、スカーフニョロトノを採用しました。

カイリキーやボルトロス、トルネロス、ラティ兄妹、ヒードランを上から攻撃できるので非常に使いやすかったです。
この構築は、必ずしも天候としての雨を必要としないため、スカーフだとしても先発でニョロトノを選出することが多かったです。
スカーフを持たせることによって、ジバコイルとの並びも良好で、ジバコイルが呼びやすいカイリキーやヒードランなどを上から殴り倒せます。
滅びの歌は対ラッキーを見ての気休め程度ですが、ここはめざ炎あたりを採用してもいいかなと。
めざ炎はユキノオーやナットレイを意識してのことです。
こちらがスカーフということで、もしユキノオーと対面した場合の天候はあられ。つまり雨による炎半減はされません。横にニョロトノを置くことでナットレイに対しても雨による半減なしで炎技をいれることができます。
いまはめざ炎を提案しましたが、他にも有効な技があるかもしれません。
調整としてはHPを16n-1としていますが、それよりもCに多く振って無振りトルネロスあたり雨下ハイドロポンプで確定1発にできるようにしたほうが使いやすいです。
確実に言えることは、今回のMVPはニョロトノでした!
注意点として、ニョロトノではハイドロポンプを覚えないので、必ず進化させる前(ニョロモでは38レベル、ニョロゾでは48レベル)に覚えさせてから進化させましょう!滅びの歌はニョロトノに進化させてハートのうろこを使い、思い出させます。


★ガブリアス@気合いの襷

実数値:183-182-116-*-105-169

げきりん ダブルチョップ 地震 つるぎのまい


電気無効する地面ドラゴン。
こだわりアイテム持ちの電気タイプを意識して採用しました。
襷を持たせた理由としては相手のキングドラやラティオス意識です。
実際今回の対戦では襷が発動する場面はありませんでした。
しかし、襷があることによってかなり安心に立ち回れることは事実です。
この構築の場合は襷で問題ないでしょう。
注意すべき点はこだわり鉢巻き持ちの陽気ガブリアスの同速勝負あたりです
ここに関しては構築を練り直す必要がありそうです。

この枠はランドロスと非常に悩みました。
理由はバンギラティハッサムテラキへの対処がランドロスのほうが優秀であるためです。
詳しくは今後公開する「雨カイリュー入り構築」記事で述べたいと思います。


★カイリュー@いのちのたま

実数値:166-204-116-*-120-132

げきりん ドラゴンクロー しんそく 竜の舞


ローテカイリュー信者です。
竜舞げきりんで相手のパーティを半壊させるのがたまりません。
雨下でニョロトノの高火力水技やジバコイルで強引に削り、最後はカイリューでしめるのが理想の展開です。
他の天候パに比べ、毎ターンの定数ダメージがなく、寿命が比較的長いので珠を採用しましたが、やはりジュエルのほうが使いやすいかなと思いました。
しかし、珠しんそくのおかげで勝てた試合もあったので今後回してみて結論出します。
カイリューハッサムの並びも動きやすいので好きです。
今回は物理カイリューを使いましたが、ぼうふう・かみなり持ち特殊カイリューもおもしろいと思います。
以前まで使っていた瓦割りを逆鱗に変えました。これはヒードランに対してニョロトノが上から処理できるため、対ヒードランは他のポケモンに任せたからです。
この構築では逆鱗・ドラクロ・しんそく・りゅうまいで正解だと思います。


★ハッサム@飛行のジュエル

実数値:171-200-120-*-100-92

むしくい バレットパンチ アクロバット つるぎのまい

A252に振り、Sは追い風下で115族抜き、残りHの使いまわし個体です。
雨の恩恵は炎半減と他の天候変化要因(ユキノオー、バンギラス)を呼びやすくこの2匹に抜群で技が入る。
さらに、雨パが呼びやすいモロバレルもジュエルアクロバットでたいてい落ちます。「たいてい」と言ったのはバコウモロバレルも存在するからです。
今回は相手にモロバレルやローブシンがいた際に選出しました。
カイリューハッサムの並びも強力ですが、ニョロカイリューハッサムの並びも非常に強力でした。


★ジバコイル@こだわり眼鏡

実数値:145-*-136-200-110-112

10万ボルト かみなり ラスターカノン めざめるパワー氷


雨パのエース
雨の恩恵はかみなり必中と炎半減ですが、頑丈で確実に耐えて強力な一撃をぶちこむのは快感。
ジバコイルが呼びやすいガブリアスはスカーフはニョロトノで処理できることが多いです。
また、重くなりがちなブルンゲルに対しても打点が持てるのでやはりジバコイルは重宝しました。
地面技の一貫性があるので、サンダーにかえて回してみたいところ。
しかし、サンダーにすると一気にラティオス耐性が低くなるので、他のポケモンも変えていく必要があります。
カイリキーも呼びやすいので、そこにニョロトノのハイドロポンプが刺さります。


★ローブシン@オボン

実数値:207-190-118-*-107-45

ドレインパンチ マッハパンチ ストーンエッジ ビルドアップ

ゆうかん最遅でトリルされてもある程度動けるようにと。
選出回数はゼロでした。
ここは他のポケモンでもよさそうですね。
ヒードランへの回答がニョロトノだけでは心もとないので格闘枠を検討し、さらにユキノオーとバンギラスなどを意識してローブシンを採用しました。
最初はカイリキーを採用するはずでしたが、スカーフはニョロトノに持たせたかったのと、トリル耐性をあげたかったので最終的にローブシンを投入。
課題としては、パーティ全体で物理に傾いているので、特殊型のポケモンとココドラへの回答を出したいところです。
バシャーモを採用するという案もありましたが、さらにブルンゲルやトリパ、ココドラなどが重くなりそうだったので廃案となりました。
格闘ポケモンを置くことで、いまKP上位の飛行タイプであるトルネロスあたりを誘い、素早さ111族抜きのニョロトノの調整が役に立ちます。
実はこの構築のエースはニョロトノなのかもしれませんねw


バトルビデオは2つ撮ったので、よければ見てください(*^-^)/

VSクマさん
ガブリアス パルシェン トルネロス ヒードラン ブルンゲル モロバレル
BV:43-13911-62519

VSきゅあさん
バンギラス ガブリアス ローブシン ボルトロス ハッサム バシャーモ
15-28740-06463

大会に関わった方々、お疲れさまでした。
久しぶりの週末ローテ大会とても楽しかったです。
ありがとうございました!

@Tio
2012.03.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。